制作Diary・キャンディポット

この記事は約3分で読めます。

着物リメイクのキャンディポット
(キャンディポット2015)

今日はキャンディポットのご紹介です。

「キャンディポット」というネームングは昨年に某デパートでワークショップをした際にデパート広告を載せた名前です。(付けたのはデパート側・・・でした)
それまでは別のネームングがあったのですが・・・お客さまには「キャンディポット」で覚えられこの名前が主流になりました。
写真にあるように、瓶の蓋(ふた)にデコレーション(以下デコと記載)してる単純なものです。

キャンディポット制作

キャンディポット
(キャンディポット2015)

和風にデコっているだけですが、材料から作っています。既製品は小判と江戸打ち紐一部の金平糖です。
その他の「梅の花」や和菓子風に見せたものを樹脂粘土などで制作しています。当初はもともとはハギレ対策、消化をするために考えたものでした。
よくよく見ると縮緬や古布の良いものを使っていたりするので、目の肥えたひとの元へ旅立ちます。

キャンディポットキャンディポット キャンディポット
(過去の作品・キャンディポット)

上記の写真は2~3年前に作ったもので、今振り返るとたくさん旅立っていったな~としみじみとします。イベントがあるたびに制作していた記憶がありますね。

気づくと・・・博多浪漫着物服(はかたろまんちか)の主力商品となっています。(笑)(←今気づく???ワタシ)
手作りフェアなので展示していると「アディアが凄い!」と何人かの方に言われた記憶があるのですが、ワタシ自身はただデコっているだけ・・・という意識だったのでいまいちピンこなかった覚えがあります。
お客さまには小さい小瓶には500円玉貯金で2万円ほど貯まったという声を頂きました。おお!すっすごいですよね、ワタシ、貯金箱に使ったりなんて想像してませんでした。

幸運を呼ぶ⁈キャンディポット

キャンディポット
(キャンディポット2016)

制作側のワタシからいうのもどうかと思いますが、幸運を呼ぶアイテムかどうかは謎です(笑)ただお持ち帰りになったお客さまからは「良いことがあったよ!」などご意見やご報告を頂いてるのは確かなお話です。
たしかに縁起のよいものをデコっているせいなのか・・・・どうか・・・ワタシ自身そういうものは信じ深くないタチなのでなんともいえません。
蓋(ふた)にデコる際は、小判(金運)めで鯛(来福)あわじ玉(良縁祈願)など中心にしているので何かしらあるのかもしれませんね。そして本日も「にぎやかで・可愛い」キャンディポットが出来上がりました。

キャンディポットの参考価格:Lサイズ2,000円、Sサイズ1,000円

ワークショップについて

はじめて「ワークショップ」といものに挑戦した題材が「キャンディポット」でした。
定員2~6名でワークショップも開催しています。
工房でのワークショップもありますが、出張も可能です。ご要望の方はメールにてお問い合わせください。
最近はワークショップの種類も増え、専用のご案内ページ近々ご用意する予定です。

タイトルとURLをコピーしました