最近のコメント

    制作Diary・季節の押し絵

    この記事は約1分で読めます。

    季節を感じる押し絵
    (季節の押し絵)

    秋の気配を感じる押し絵

    最近はすっかり「押絵」にハマっています。

    押し絵というのは、厚紙を布でくるんでパーツを作りそれらを重ねたり、組み合わせてモチーフを作る、江戸時代から楽しまれている手芸です。

    マイブームの蒲萄と押絵の魅力

    マイブームが蒲萄・・・押し絵で蒲萄を作ってみましたが、果てしなくパーツが多くて苦戦しました。厚紙にウレタンスポンジを張り、立体的するのが大変でした。

    地味な作業が続きますが、布と和紙で彩る「押し絵」の魅力はなんとも言えません。着物端切れやちりめんを使って配置を考えたり、「押し絵」は奥深くて楽しいです。

    江戸打ち紐のあわじ玉
    季節を感じる押し絵
    季節を感じる押し絵
    (江戸打ち紐のあわじ玉)

    作業はパーツが大きいところは、ちりめんの布もキレイに張れるのですが、小さい蒲萄の粒はピンセットなど使わないと難しいです。

    作り方は、台紙にそれぞれ型紙のパーツを張ります。
    型紙を切る→布を張る→布をくるむ→パーツを組み合わせる→全体的配置をして張り合わせる、完成。

    コツはおしぼりを手元に置いておくことです。作業中手や指にボンドがつくので、おしぼりでその都度拭くとパーツも汚れずキレイ作業ができます。

    まだまだ、色々な押し絵に挑戦してみよう思っています。まずは季節の花シリーズかな・・・

    タイトルとURLをコピーしました