最近のコメント

    制作Diary・ボタン付け(リメイク編)

    この記事は約2分で読めます。

    ボタン付け(リメイク編)
    【ボタン付け(リメイク編)】

    ボタンの正しい付け方は洋裁の基本でもありますが・・・。洋裁では基本中の基本のボタン付け、意外に我流で付けているひといるのかもしれませんね。上記の写真はカジュアルジャケットです。

    ご依頼はボタンが派手に見えるので落ち着いた色にしました。今日は簡単なリメイクのお話とボタンの付け方を紹介します。

    ボタンの付け方

    糸足(いとあし)をつけるボタンの付け方です。針とボタン付け糸を用意してください。
    (個人的には指ぬきもしていただきたいです)
    ボタンをピッタリにつけてしまうと、布の厚み分が不足してボタンがかけずらいので糸足(いとあし)をつけます。※糸足(いとあし)とはボタンから布地までの間の糸のことを呼びます。

    ボタン付けボタン付けボタン付け
    (ボタン付け)

    ①糸は2本どり、針を表面から入れ糸が十字なるように縫い位置をきめましょう、裏面から針を入れると位置が狂いますよ~。
    ②ボタンの裏から針を入れて、糸を渡し、針を布地にいれます。このとき糸足(いとあし)分布地の厚み分だけ残します。
    ③同じように②を3~4回繰り返します。

    ボタン付けボタン付けボタン付け
    (ボタン付け)

    ④ボタンの裏にある糸(布地表とボタン裏の間)上からすきまなく糸を巻きます。糸が下まできたら糸を交差させてしっかり止めます。
    ⑤針を裏面にだし、玉止めをしましょう。
    ⑥結び玉(玉止め)を作ったまま針を表面にだします。結び玉を布に引き込むくらい引き、糸を切ります。
    ※注意・・・布地の厚さや薄さによって糸足(いとあし)の長さも変わります。布が破けないように糸を加減しながら縫いましょう。

    ボタンの付け・リメイク編

    ボタン付け(リメイク編)ボタン付け(リメイク編)
    (ボタン付け・(リメイク編))

    簡単なリメイク方法で、ボタンを付け替えるだけで随分と印象が変わります。今回のご依頼は「ボタンが派手に見えるので落ち着いた色み」ということでした。上記の写真はリメイク前とリメイク後です。

    実はこれボタンを裏面にして付け替えました。
    ジャケットのボタンを付け替えるには、前ボタンや袖口ボタンそれにポケットも合わせると10個ほど用意しなくてはいけません。
    思いっきりイメージを変えるにはお気に入りのボタンを購入をオススメします。
    この場合はボタンの裏面を見たところジャケットの色と変わらなかったのでボタンをひっくり返しました。

    ひとことで「リメイク」と言ってもそれは幅広く、たくさん楽しめます。みなさんも簡単リメイク、まずはお手元のお気に入り服をリメイクで愉しみませんか。

    タイトルとURLをコピーしました