2019年September15日(Sun) 23:40 JST

なんとなく、ミニマムな暮らし

  • 投稿者:
  • 表示回数 255

なんとなく、ミニマムな暮らし

ミニマムな暮らしって何?

最小。最小限。最低限度の生活。自然体で、「必要なものだけ」と暮らす部屋。

 

 

 

 

引っ越しをして早2か月が過ぎました。早いものですね~。
あれから体調もボチボチ良くなり、カルチャースクール講座や通常の工房作業に戻りつつあります。

それにしても一度体調が悪くなると、復活するのに物凄く時間がかかります。
どうしてこんなに体が弱いんでしょうかね~トホホ。

お題の「なんとなく、ミニマムな暮らし」となっていますが、意識したわけではなく、日頃のストレス(視覚的ノイズとか)省くと、モノがなくなった?(正しくはなくなってしまった!)のです。

実家の母からも夫婦2人してはモノが少ないとよく言われます。現実に我が家は食器棚ありません。
前の家もシステムキッチンだったので収納があり購入2年目の食器はお役ご免になりまして、今は実家にあります。

引っ越しをするときも結局ゴミ箱10個分出しまして、、
生活をしているとモノがどうしても増えますよね~。
意識してひとつ購入すると類似品をひとつ処分する!とこれを鉄則にしています。

部屋もテレビとベットのみ(足つぼマットありますが・・・)
他の部屋も必要なものだけがあり、すべて収納しています。

好きなものだけに囲まれる生活も良いのですが、脳が疲れるとすべてをフラットにしたくなるんですね。
主人も頭を使う仕事なので「視覚的ノイズ」は、かなりのストレスだと思うんです(と、勝手に思ってる!)

ま、そういうこともあって無理をしない必要なもの最小値の生活していると、なんとなく・・・ミニマムな暮らしになりました。
ちなみに写真の足つぼマットは激痛ですが、これがクセになるんです。
寝る前に20分ぐらいフミフミするとじわ~と血行がよくなりだるさが取れます(このお話は次回に~)

そして、我が家は植物も全くないので近々、水栽培ポトス(ぐらいは)を置こうか考えています(笑)
(植物があると病気しにくい?!という話を聞きました)

着物リメイクのQOOPY